Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【実写美女と野獣】ロケ地はどこ?舞台・モデルとなった場所まとめ!【城・村】

この記事は約 3 分で読めます。

2017年の映画「美女と野獣」は、
ディズニーの人気アニメを実写化した
作品で話題になりました。

アニメ同様、実写映画の舞台は、
ベルが多くのほんと出会う図書館、
野獣がクラス城、ベルたちが暮らす村
があります。

今回は

  • 【実写美女と野獣】ロケ地はどこ?舞台・モデルとなった場所まとめ!

として記述していきます。

【実写美女と野獣】ロケ地はどこ?
舞台・モデルとなった場所まとめ!

美女と野獣の図書館のロケ地

美女と野獣はフランスの民話を元に
描かれた作品になりますので、物語の舞台は
フランスが中心になります。

しかし実際はフランス以外が
舞台になっている所が多いです。

まず1つ目に映画の中で登場する図書館。

本好きのベルが初めて多くの本に触れ、
感動する図書館のモデルは、
ポルトガルにある
「コインブラ大学-あるたとソフィア」の中の
ジョアニナ図書館」になります。

ジョアニナ図書館は、1724年にポルトガルの
コインブラ大学の敷地内に設立されました。

所蔵本は25万冊を超える規模で、
学術関連の書籍が中心に置かれています。

また「世界で最も美しい」と言われている
オーストラリアの国立図書館プルンクザール
実写映画「美女と野獣」に登場するような
「豪華絢爛で魅力的な図書館」と言われています。

こちらの図書館は、
1723年にオーストラリアの
ウィーンに設立されています。
書籍数はなんと驚異の約260万冊!

館内には、大理石の円柱と
レリーフが並び、18世紀に創られた
バロック様式の大広間や美しい天井画は、
見る人を虜にしてしまうほど、
大変美しい場所になっています。

そんな大きな書籍数と誇る
豪華絢爛な図書館に一度は
足を踏み入れてみたいですね!

 

城のモデルとなった場所

「美女と野獣」実写版のモデルになった城は、
フランスに存在するシャンボール城です。

現在は世界遺産「シュリー・シュル・ロワール」と
「シャロンヌ間のロワール渓谷」を構成する一部の中に
登録されています。

ここはあの有名な
レオナルド・ダ・ヴィンチが設計に加わり、
お城のシンボルである二重の螺旋階段を
設計したとも言われています。

シャンボール城は、フランスのロワール地方に
ある城で、フランソワ1世の狩猟小屋を始まりとした
城と言われており、1519年〜1547年の間の大改修で
今のような城になりました。

そんなシャンボール城はフランス・パリから
170kmも離れており、車で2時間ほどかかります。

しかし見所は多く、屋上テラスは広台で
360度の大自然のパノラマが広がっています
また庭園はフランスの庭と言われるほど広く、
パリの市街地とほぼ同じ大きさとも
言われています!

「実写美女と野獣」のモデルとなった、
ここシャンボール城の美しさと豪華さは、
本当に童話の世界にいるようで、
2人のダンスシーンが目に浮かんできます。

モデルとなった村

美女と野獣で主人公のベルが暮らす
小さな村モデルとなった場所は、
世界遺産であるサンティアゴ・デ・コンポステーラの
巡礼地の1つとして教会を有するフランスのコンク村です。

コンク村は、フランス南部の
ミディ・ピレネー地域圏にある、
人口約269人前後の小さな村で古くから
巡礼地として親しみまれ、
フランスで最も美しい村に選ばれています。

コンク村に駅はなく、行き方は
Rodezからタクシー(37km)、または
バスが1日1便程度(約1時間)となっています。

凄くしんどいと感じますが、
St-Christopheからタクシーまたは送迎で
ミニバスを直前予約することができる
という情報もあります。

コンク村は歩いて1時間くらいで回れる
本当に小さな村もなっており、
ガーデニングが物凄くキレイで
石畳の階段や街も落ち着いていて
のんびり過ごしやすい場所だ」と
高評価の場所になっています。

このロケ地となった場所は、
中性的な美しい街並みで実際に
日本人の方も多く訪れ、特に
女性に人気の場所となっており、
観光客もかなり多いとされていますので、
是非ここも行ってみたいですよね!

アニメ「美女と野獣」の村のロケ地

アニメ版の村のモデルとなった場所は、
フランスにある「コノマール」という
村がモデルになっています。

ここ「コノマール」は他にも、
ジブリ映画「ハウルの動く城」の
モデルにもなっている事で有名です。

また2020年に東京ディズニーリゾートで
親切される「美女と野獣エリア」で村が
再現される予定となっており、
お城と一緒に雰囲気を味合う事ができる事を
なっています。

 

番外編!旅行にいくおすすめサイト

ここまで様々なモデルとなった場所を
記述させていただきましたが、
実際に海外に行くのは、
「お金も時間もないなー」と
思っている方に朗報です。

先程、2020年に東京ディズニーリゾートで
親切される「美女と野獣エリア」で村が
再現される予定と記述させていただきました。

旅行に行くなら安くで済ませたい!
思っている方であれば安心のJALがおすすめ!
最安値でいけますし、何より大手で安心!

国内旅行専用となっていますのが、
大変おすすめのサイトとなっています。

一度覗いてみるのもいいかもしれません。





【実写美女と野獣】ロケ地はどこ?
舞台・モデルとなった場所まとめました!【城・村】のまとめ

この記事でわかった事

  • 図書館のモデルとなった場所はポルトガルにある
    「コインブラ大学-あるたとソフィア」の中の
    ジョアニナ図書館
  • 城は、
    フランスに存在するシャンボール城
  • 村のモデルとなった場所は
    世界遺産であるサンティアゴ・デ・コンポステーラの

    巡礼地の1つとして教会を有するフランスのコンク村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です