Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【速報】新年号発表《令和》由来は「万葉集梅の花」今までの元号の意味!

この記事は約 1 分で読めます。

2019年4月1日に新元号が【令和】と
決まりました!!

以前、平成の次の新年号を
ランキングで書かせていただきました。

[irp posts=”867″ name=”【新年号】予想、候補、発表は誰?新元号が判明?!気になる所を一気読み!”] [irp posts=”877″ name=”【最新】未来人達が予言した新元号の有力説!原田の予言当たる?!”]

今回は新元号の由来と意味について
書かせていただきたく思います。

新年号【令和】の由来と意味

平成の次の新元号【令和】ですが、
その由来と意味について
記述していきたいと思います。

菅官房長官が
「万葉集の梅のの花話から由来した」
と言っていましたね。

万葉集梅の花の話


万葉集三十二首より

令和は万葉集の梅の花の歌、
時、初春の令月(れいげつ)にして、
氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、
蘭は珮後の香を薫す。からだそうです!

いつから新年号に?

勘違いされている方が
多いのですが
新元号は2019年5月1日から変わります。

今までの元号の由来

では今までの元号の由来を
みていきましょう。

【大正】
“大いに亨りて以て正しきは天の道なり
民の意見を聞き入れ政治が正しく行われる

 

【昭和】
“百姓昭明にして萬邦を協和す”
世界の人々がみな平和に暮らせますように

 

【平成】
“内平かに外成る””地平かに天成る”
国内も世界も平和になるように

明治以前は1人の天皇の代で何度も元号を
変えることがあったけど明治になって
天皇1代の間に元号は1つのみという
“一世一元の制”が定められた

5月から始まる新しい時代
令和に生まれる子供たちの未来が
平和で穏やかであることを願って

【追記】

政府が元号【令和】に込められた
意味を発表しました!

まとめ

平成の次になった【令和】

平成が終わるのは
4月30日までとなり、
そこからは新しい時代の幕開けとなります。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

こちらの記事もどうぞ
[irp posts=”899″ name=”【令和】新元号の考案者は中西進教授か?!その根拠は?”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です