Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【春風亭昇太の嫁・宝珠小夏(下園利依)】現在は青山ケンネル役人!

この記事は約 2 分で読めます。

春風亭昇太さんが結婚したお相手が
「宝珠小夏さん」と判明し、
話題になっていますね。

調べてみると元宝塚で
凄く綺麗な人でした。

そして彼女の現在はどうなっているのでしょうか?

今回は

  • 【宝珠小夏】現在は青山ケンネル役人!宝塚を引退(対談)した理由は?

という事で記述していきます。

【春風亭昇太】結婚相手が宝珠小夏と言わる理由

59歳でもうすぐ還暦を迎える
春風亭昇太さんが遅すぎ婚として
いじられています。

そんなお相手は元宝塚の
宝珠小夏さんと言われています。

その理由は日刊スポーツが報じた記事

相手は元タカラジェンヌ。

約4年間、娘役で活躍した。

その後ドッグプロデューサー、
トリマーとして活動し
現在、老舗ペットショップとペット関連学校の役員。

犬関連著書がある清楚(せいそ)な美女という。

上記の様に報じられ、
それが宝珠小夏さんい当てはまるとして
話題になっていました。

では宝珠小夏さんの経歴は
どのようなものなのか見ていきましょう。

【宝珠小夏】現在はケネル役員!

実は元々宝珠小夏さんの父親は、
トリマーの有名な学校である
「青山ケンネルカレッジ」を設立した人物。

二代目学長を母の
「下園恵子」さんが務めていました。

宝塚を退団後、宝珠小夏さんは家業を継ぐために
トリマーの勉強を開始します。

更に叔父にあたる吉澤英生さんは
日本の犬業界の重鎮で、
師事し海外でも勉強を重ねています。

下園利依さんのセンスを生かして
ドッグサロン「VERONIQUE」を
プロデュースしています。

その後、2005年には青山ケンネルカレッジの
3代目学長に就任。

現在は、専務取締役をしてご活躍されています。

更に「ステッカー」という芸能事務所にも所属し、
2011年にはテレビ「ソロモン流」にも
ドッグプロデューサー代表として出演しています。

こうして芸能活動や学校役員として、
宝塚退団後もご活躍されていました。

アメブロでは本名の「下園利依」として活動中

現在はアメブロにて、
ドックプロデューサーとしても
日々ブログを更新しており、
充実な人生を送っているようですね!

下園利依のアメブロはこちら

宝塚退団理由は父親の看病の為

宝珠小夏さんは約5年間、
宝塚に在籍していましたが、
2001年に父親の体調が悪くなり、
サポートするため、宝塚を退団。

01年、
父親の体調が悪くなり、退団を決意したという。

「母から、

『動物の仕事を継いでほしい』

と言われました。

小さいころから犬たちがずっと周りにいましたし、
宝塚という一つの夢はかなえることができて、もう十分でした。

宝塚の経験から、
私はちょっとやそっとのことでは動じません(笑)」

引用:女性自身

ネットの反応

宝塚ファンは春風亭昇太さんのお相手が
宝珠小夏さんだとわかり、
ビックリしているようですね!

2人共お似合いです!
ご結婚本当におめでとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です