Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【皇后陛下雅子さま】なぜ皇室に嫁いだ理由が衝撃! 知られざる真相とは

この記事は約 2 分で読めます。

愛子さまの母である雅子さま。

元外交官という立場でしたので、
その才能を生かしてもっと
働いて身につけたかった事も
多いと思われますが、なぜ
皇室に嫁いだのでしょうか?

今回は

  • 雅子さまが皇室に嫁いだ理由

に注目していきます。

なぜ皇室に嫁いだのか

今や皇后陛下として君臨する雅子さまですが、
やはり圧力により無理やり結婚させられたのでしょうか?

そこには意外な真相がありました。

皇族の縛られた人生

雅子さまの結婚相手である皇太子は、
その立場上、普通の男性とは異なります。

天皇陛下自身は、ごく普通の育ちの良い
男性かもしれませんが、その立場が
普通である事は許してくれませんよね。

「結婚も自分で好きに選んでもいい」
とは限らない「縛られた人生」です。

ですが、日本国憲法では
「国民は自由に相手を選んで
結婚できる事」を認めています。

しかし天皇家の人たちには、
必ずしも普通の国民が当然のように
持っておられる自由を、
持っていないように思えますよね。

結婚できない理由

しかしながら、世の中には
結婚できない方たちが多く、
男女問わずに存在します。

その理由として
「出会いがない」「恋愛のスキルがない」など
様々な事があげられますが、根本的に
「恋愛に臆病になっている人」が
増えている言います。

そんな人達から見れば、
自分自身に出会いや恋愛スキルが
なくても結婚の御膳立をしてくれる
管内庁の存在はとっても羨ましいに
違いありませんよね。

もしも、天皇陛下が一般人として
生まれていれば、そう簡単には
結婚できなかったのかもしれません。

天皇陛下の人柄は素晴らしいと
思うかもしれません。

しかし恋愛の市場は人柄がいいだけでは、
勝ち残る事が出来るほど甘くはありません。

ルックスや知性、学齢や収入、
肉体的能力、それに加えて人柄などと
色々な要素が必要になってきます。

またまたには「積極性」、「面白さ」、「安心感」
場合によっては下品さも必要な時だって
あるかもしれませんよね。

徳仁様の恋愛は・・・

正直な話、
天皇陛下が普通の一般人として
恋愛市場に出てしまった場合は、
おそらくランクの高い女性と
結婚する事はなかったでしょう。

天皇陛下はすべての要素において、
平凡であるし、積極性があるわけではありません。

おそらくごくごく普通の人並みの女性と結婚し、
ごくごく普通の生活をしていたことだと思います。

天皇陛下の御子孫も、なるべくよい素質をもった人が
生まれるのが望ましいのは間違いありません。

管内庁で結婚相手を探す

となれば、
管内庁が結婚相手を探すのは
当たり前ではないでしょううか。

色々な女性が候補に上がりましたが、
しかしながら候補に上がった女性は、
なかなか受ける人がいません。

17歳かた始まる結婚相手

天皇陛下のお妃様選びは、
実は17歳の頃から始まっていました。

旧皇族、伊勢神宮の神官令嬢、聖心の卒業生、
某大使令嬢など、様々な女性が候補に上がりましたが、
皇族という世界の窮屈さを見ると、
その世界に入りたがる人は中々見つかりません。

外国に移住したり、他の男性と婚約したり、
中には「刺繍やピアスをする」と
言った人まで出てきたそうです。

まるで徴兵を免れるために、
醤油を一気飲みをして体調をわざと
崩す人の様に・・・。

またその時は「皇太子」という身分でしたが、
その人物にそれほど強い魅力を感じなかったのでしょう。

独身で残っていた雅子さま

しかし、そんな中候補に上がった
小和田雅子さまだけが、結婚もせず
「外交官」としえ独身で残っていました。

当時の徳仁様は、小和田雅子さまに
会いに行きましたが、友人にこの様に
語ったとされています。

彼女に会った瞬間何かに撃たれたようだった

徳仁様(天皇陛下)は、平成天皇陛下である明仁さまに相談し、
明仁さまが相談役と通し、柳谷謙介氏が動くこととなりました。

柳谷謙介氏が恋愛の手助けをする

好きな人ができれば、
それを相談できて、
しかも実現に動いてくれる人がいるなんて
なんて羨ましいのでしょう。

一般人であれば、ストーカー扱いをされるかも
しれない危険を犯しながらアプローチを
し続けるしかないのに、皇族の味方は強いですね。

小和田雅子さまの父に会う

柳谷氏は、雅子さまの父である小和田氏の先輩に
あたり、元オーストラリア大使で外務省事務官でした。
そして小和田氏に大きな影響力をもっていました。

柳谷氏は小和田氏に、
君主制の将来が揺らいでいること、
公僕の使命などが数ヶ月に渡った時、
圧力に耐えかねたのか、首を立てに振りました。

好きな相手の父親を説得させて
結婚させようとするなんて、
まるで戦国時代のようですね。

柳谷氏の屋敷に雅子さまが出向き、
徳仁様が4時間に渡って話をして、
後日皇室の鴨場でプロポーズをしたとの事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です