Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

失敗率がかなり低い!メンズ前髪のセルフカットのやり方

この記事は約 4 分で読めます。

男の前髪も凄く大切ですよね。

伸びてきてサイトで
「セルフカット」で検索していざ実戦!

でも色んなサイトを検索しても
専門用語は多いし、
簡単だと言ってるサイトを見て
実践したのに結局失敗…。

パッツンになったんですけど!

しかも全体のシルエットも
なんだか微妙…。

そんな経験ありませんか?

失敗談

ちなみに筆者は、
中学生の時にセルフカットに
初めて挑戦して酷い前髪になり、
凄く無様な髪型になったのを覚えています。

しかも思春期の時期ですので、
美容院い行くのが
凄く恥ずかしかったのを
今でも覚えています。

ここでは失敗なく、しかも凄く簡単
セルフカットできる方法を
紹介していますので、
最後まで読んで実践して見てくださいね!

最初によくある質問と回答

パーマかけてるけど?

今回ご紹介させていただく方法は、
パーマをかけていても大丈夫な方法です。
ですので安心してくださいね。

ちりちりくせ毛ですが、できますか?

出来る!と断言はできませんが、
【簡単】にできる方法を書いていますで、
是非最後まで読んでみてご判断をお願いします。

文房具ハサミしかない。

今回書いています内容は
【すきハサミ】での方法になりますので、
すきハサミをご用意ください。
今では100均でも置いていますよ。

事前準備

  • すきハサミ
  • コーム(櫛)
  • ダッカール(ヘアクリップ)
  • ヘアアイロン
    (くせ毛の方、いつも使っている方)

になります。

今ではヘアアイロン以外は、
100均で手に入るので
探してみるいいと思います。

ハサミはすきハサミを
使いましょう。

専用のハサミでも大丈夫なのですが、
これは失敗率が上がります。

今回は、
【手軽】【簡単】【失敗率が低い】
方法を教えさせていただきますので
今回はすきハサミでの方法を、
ご紹介させていただきます。

まずはイメージ創りが大切

イメージ作りは大切ですよね。

「普段カタログなんてみない」
って方でも、
「ぱっつんにはなりたくない」
と思います。

その為にも、
「どうせならこんな髪型がいいな」
くらいの軽い気持ちで大丈夫ですので
イメージをもっておいてください。

切る時は明るい場所で!


暗闇でカットされる方なんて
いないと思いますが、
できれば洗面台で
カットされた方がいいでしょう。

洗面台の鏡には、
昼白色の電球が
大抵使われているはずです。

この電球色は
凄くよく自分を照らしてくれるため、
大変オススメですし、
置型鏡と違って
角度がついていませんので、
失敗率が減りますので
洗面台でカットするように
してくださいね。

筆者が初めて前髪を切った時
洗面台だったのですが、
洗面台の電気が電球色
だったので前髪がうまく確認できず、
切りすぎてしまいました。

しかも明るさが足りなかったせいか、
後々髪を確認したら
短い毛がチラホラ残っている始末。

そのくらい電球の色は
大切なので覚えておいてくださいね。

前髪を切る時は俯かない!

俯いて切る

そのまま長さ確認

もうちょっと切ろう

切り終わる。

前を向いて鏡で確認。

切りすぎちゃった…。

なんてことになりかねないので、
カットする時は必ず前を向いて切りましょう。

前髪を切るときは
長いから切りますよね?

目にかかって鬱陶しいかも
しれませんが、俯いていてカットすると
上記の様に絶対になります。

ですので、
俯かないでくださいね。

これは筆者の経験ですが、
美容師をしていると
前髪カットの際でも
俯かれる方は
多くいらっしゃいます。

その様な場合には、
思っているよりも
眺めに長さを残して切り、
一旦前を向いて切り、
再度微調整という形を
とっています。

ですので、
仮に俯いてカットされる場合は、
思っているイメージの長さよりも
2cmほど下で切ると切りすぎないです。

髪全体を濡らして完全に乾かそう

カットをされる前に、
クセ毛、寝癖を取る為に
必ず髪の毛を濡らして、
ドライヤーで完全に乾かしてください。

今回は前髪だけのカットになりますので
前髪だけを濡らせば大丈夫です。

洗面台でするので、
そこで直接濡らしてもOKですし、
スプレイヤーを使えば
ピンポイントで濡らせますので
オススメです。

ここで注意が必要なのが、
根元からしっかり濡らしてください。

美容師豆知識ですが、
根元から濡らさないと
生えグセがついたままになります。

生えグセを取ることによって
綺麗に前髪を切れますので
絶対に根元から濡らして乾かしてくださいね。

前髪はドライカットですることが
失敗率を下げる事に繋がりますので、
完全に乾かしてください。

この時に、
根本をしっかりこすって
乾かします。

根本をこすって乾かす事により、
生え癖がとれますので
カットがしやすくなります。

乾かした終えたらいざ実践です。

ポイント

ここで普段アイロンしている方や、
癖が強い方はアイロンをしてください。
完成形に近いセット方法から
カットをした方がよりイメージに
近づきやすくなります。

切り方

下準備が終われば、いざ実戦です。

1.切りたい前髪+1cm下で切る

基本切りたい所の前髪
+1cm下で切ってください。

切りすぎればそれで
終わりですが、
まだ長い状態であれば
修正はききますからね。

切り方は、
髪を流したいのであれば
流したい方向と逆に髪を
引っ張ってハサミを水平に保って
切ってください。

流さない場合は、
そのままハサミを水平に保って
切ってください。

※何度も言いますが、
いずれも切りたい所から
1cm下で切ってくださいね。

2.髪をすく

イメージのある程度の長さまで
切れましたか?

そしたらこの工程に移ります。

髪を梳いていきましょう。

すきハサミを斜め45度に
傾けてください。

その状態で、
髪を1つまみ分(幅3cmくらい)掴み、
切った前髪の真ん中から
すきハサミを入れてすいていきます。

ポイント

すきはさみは全部閉じずに、
3分の2くらい閉じるイメージで
やっていきましょう。

すきハサミにもよりますが、
市販で売られているすきハサミは
凄く梳けるような創りが多いので、
梳きすぎてしまうリスクが高くなります。

その為、
全部閉じて使うことは
避けたほうがいいでしょう。

3.ひとつまみ分が切れたら次のパネル(髪の毛)をつまむ

ここで注意してほしいのが、
1つまみ分梳けたら必ず
鏡で確認するようにしてください。

【今どのくらい梳いたのか】
しっかりと確認することを
オススメします。

ポイント

一度梳いた場所は
コームで髪をとかしてみると
いいですよ。

すきハサミでやっていますので、
どうしても梳いた場所にまだ
切れた髪の毛がくっついています。

それを知らずに
「あれ、量がなかなか減らないな。」
なんて思いながらずっと梳いていっていますと、
気づいたら「なんじゃこりゃー!」状態に
なっていますので気をつけてくださいね。

一つづつ確認しながら
梳いていきましょう。

これで前髪カットは切れます。

イメージ通りの
髪型になりましたか?

仕上げはドライヤーで乾かそう

完全に乾いた状態で切っていますが、
細かい毛を落とす為に最後に
ドライヤーで乾かしましょう。

この時も根本をこすって、
細かい毛をとっていきましょう。

お役立ち情報

  • ドライヤーは弱風ですると
    毛が散乱しにくので
    大変オススメです。
  • また新聞紙を
    洗面台の周りにひいていたら
    後片付けも楽ですよ。

セルフカットでモテ髪に!

如何でしたでしょうか。

  • 切るときは俯かない
  • イメージする前髪よりも
    1cm下で切る
  • 梳くときは斜め45度傾ける
  • 全部閉じず、3分2くらいで閉じる

上記の方法は
最も失敗率が低く、
手軽、簡単にできる方法に
なりますので、覚えておくと
便利ですね。

セルフカットが出来れば、
美容室に行く手間も省けますし、
お金もかかりません。

更に自分で切れるとなったら
異性からも同性からも
すごいと尊敬されること
間違いなしですよ。笑

是非実践してみてくださいね。

この記事が
お役にたてば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です