Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【令和】新元号の考案者は中西進教授か?!その根拠は?

この記事は約 1 分で読めます。

新元号が【令和】となり、
2019年5月1日から始まるが
すでに世間はお祝いムードです。

そんな新元号の考案について政府は
「発表はしない」と言っていましたが、
どうやら考案者の情報がわかったと
話題になっていますので、
記述していきたいと思います。

考案者は中西進教授か

ニュースでは、
政府が元号の考案を委嘱したのは、
中西進・大阪女子大名誉教授(89)
=日本文学、
石川忠久・元二松学舎大学長(86)
=中国文学、
池田温(おん)・東京大名誉教授(87)
=中国史=らだったとみられる。

新元号「令和」の出典が万葉集だったことから、
考案者は日本古典を研究してきた中西氏の可能性がある。

とニュースで取り上げられていました。

[quads id=1]

中西進教授とはどんな人か

中西進氏は東京都出身。

日本文学者、比較文学者、
万葉学者、
奈良県万葉文化研究センター名誉館長、
池坊短期大学学長、
国際日本文化研究センター
京都市立芸術大学・
大阪女子大学各名誉教授、
高志の国文学館館長。
Wikipediaより

人物像

『万葉集の比較的文学研究』により、
1963年第15回読売文学賞受賞。
以後日本古代文学の中国文学との比較研究を始める。

中西進教授が考案したと噂される理由

ではなぜ中西進氏が
考案したと言われるのか、
その理由を調べてみました。

新元号「令和」の出典が万葉集だったことから、
考案者は日本古典を研究してきた中西氏の可能性がある。
毎日新聞より

とネット新聞が報じている。

男性
男性
これだけじゃ信憑性が低すぎる…。

まとめ

新しく生まれた元号【令和】

考案者は中西進氏が考案説が
浮上しましたが、
具体的な理由は
かかれていませんので、
引き続き調査していきたいと思います。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です