Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【2019年最新版】南海トラフはいつ?被害想定や未来人・前兆まとめ

この記事は約 10 分で読めます。

2019年5月10日に、宮崎県で
地震が起こり、震度5と大きく
家々が揺れました。

これにより、
「南海トラフの前兆では?」
という憶測が飛び交っています。

そもそも南海トラフって何?
今回の地震が違うのであればいつくるの?
と色々疑問に思う事があると思います。

今回は

  • 南海トラフとは
  • いつくるのか?
  • ガゼネタ情報に惑わされな!
  • 予言者や前兆まとめ
  • 最新情報
  • おすすめ防災グッズ

に注目していきます。

※南海トラフの事について全網羅しました。
大変長文になっていますので、目次より
気になるページへ移動してください。

南海トラフとは

南海トラフは、四国の南の底にある
水深4,000m級の深い溝を指します。

トラフとは深さが6,000mより浅い
海底盆地の事を指します。

静岡から九州にかけて大陸側の
ユーラシアプレートにフィリピン海プレートが
沈み込む海底の溝状の地形を「南海トラフ」と言います。

つまり南海トラフとは、
太平洋側で起きる
プレート型大地震の事で、これが
起こると大津波が起こり、
静岡・四国・宮崎が壊滅すると
言われています。

被害想定

南海トラフ地震は、大津波の伴う地震は特徴で、
最大クラスの地震が起きた場合だと、
静岡から宮崎県にかけての一部地域では震度7。

関東から九州にかけての太平洋沿岸の
広い地域を10mを超える大津波が襲う事が
予想されています。

また、南海トラフ地震は津波の被害が
懸念されているため、地震が起きて津波発生までに、
30分で30cm以上が予想されている地域は
1都13県139市町村
あり、
図の中で蒼に塗りつぶされている地域だという。

▼南海トラフによる津波予想(引用:https://www.fnn.jp/posts/00046436HDK)

最悪の場合、被害は東日本大震災の
約17倍に上る約32万3000人とされています。

しかしこれは、二次災害が
含まれていませんので、余震や怪我などを含めると
35万人は軽く超えてきます。

▼津波の浸水域による図解(引用:https://www.fnn.jp/posts/00399330HDK)

被害総額は・・・

そんな巨大地震・南海トラフですが、
被害総額は1410兆円を超え、
日本全体の経済が悪化し、
路頭に迷う人が多くなります。

こうした事態が続き、
日本全土で仕事をなくし、
家庭をなくす方が多く出まると
予想されていますので、今からでも
「手に職」をつける対策が懸命になってきます。

マグニチュードの大きさ

内部陸ではマグニチュード6〜7の地震が
発生し、多くの建物が倒壊、停電、断水に
見舞われるとされています。

参考程度ですが、2016年4月に起きた熊本地震は
マグニチュード7,3と言われています。

その時は

  • 古屋が倒壊
  • 一部の道路が陥没
  • 土砂崩れ
  • マグニチュード5〜6の余震が続いた

▼マグニチュードが発生した具体例(引用:https://matome.naver.jp/)

マグニチュード8クラスの地震が
発生した後、残る領域でも地震が
続発するということです。

1854年安政に起きた東海・南海地震では、
約32時間後に巨大地震が発生し、
昭和の東南海・南海地震では約2年後に
再度発生し、大きな被害を出しています。

▼各地震で続発している南海地震(引用:https://www.fnn.jp/posts/00046436HDK)

まずマグニチュード7がきたら、
建物の崩壊、道路の地割れが
起こり、非常に危険になっています。

南海トラフ地震のデマ情報に注意

またマグニチュードについてデマ情報が
拡散されているようですが、本当の情報は
こちらになります。

リンク切れになったらいけませんので、
こちらにも転載しておきます。

▼(誤報)南海トラフによるマグニチュードの指標

 

▼(正報)南海トラフによるマグニチュードの指標

引用:Twiter

南海トラフが起こった場合のシミュレーションCG

▼以下は南海トラフが起きた時のCG映像。
(3分25秒〜シミュレーションCGで再現されている。)

いつくるの?

これは案外知らない人が多いのですが、
南海トラフ大地震は、過去100年から150年間隔で
繰り返し発生しています。

ここで過去に起きた南海トラフ地震を
時系列でみていきましょう。

過去に起きた南海トラフ

684年11月29日  白鳳(はくほう)地震【日本書紀による日本最古の津波記録】

887年8月26日   仁和(じんな)地震【M 8.0〜8.5、京都・摂津を中心に死者多数】

1096年12月17日 永長(えいちょう)地震

1099年2月22日  康和(こうわ)地震

1361年8月3日   正平(しょうへい)地震

1498年9月20日  明応(めいおう)地震

1605年2月3日   慶長(けいちょう)地震

1707年10月28日  宝永(ほうえい)地震

1854年12月23日 安政東海(あんせいとうかい)地震

1854年12月24日 安政南海(あんせいなんかい)地震

1944年12月7日  昭和東南海(しょうわとうなんかい)地震

1946年12月21日 昭和南海(しょうわなんかい)地震

引用:https://matome.naver.jp

1944年の昭和東南海地震や1946年の昭和南大地震が
起きてから70年以上が経過している。

今回の南海トラフは30年以内か

平常時においても今後30年以内に
発生する確率は70〜80%と、
意外に高確率の水準となっています。

▼南海トラフが起こる予想図(引用:https://www.fnn.jp/posts/00046436HDK)

この記事を書いているのは2019年5月になりますので、
そこから30年後だと南海トラフが発生するのは
2049年頃という予想になります。

予言はガゼネタ?!

ネットでは南海トラフに対する
様々な「予言」情報が多く存在しています。

そんな「予言」情報が事々く、
SNSで拡散されたりしていますので、
ガセネタなのか、きちんと分かる発信する事が
大切ですよね。

そんな預言者による「南海トラフ地震」に
ついての予言を纏めていきます。

予言情報1:未来人や預言者によるもの

特に”未来人”と呼ばれる人が、
南海トラフの発生時について
「予言」をしていますが、多くの
自称・未来人たちは大きく外しています。

そんな未来人の予言を記述していきます。

アメリカFBIによる予言

南海トラフは7ヶ月以内にくる!
と2018年9月にアメリカのFBI
言っていますが、もうすでに7ヶ月以上
過ぎてしまいました。

なぜこの情報が漏れたのか
真意は不明ですが、

「アメリカFBI」を名乗る何者かが、
SNS上に流したデマ情報だと思われますが、
この様な冗談は「冗談にはならない」ので、
止めていただきたいですね。

ダウンローラー千尋による予言

ダウンローラーとは、未来に起こる
事件を予知できる能力者の事で、
世界中でもこの能力をもった方が、
多く存在そているとの事。

千尋さんは熊本地震を発生の3年前から予言しており、
見事的中させたと話題になっています。

その時発言したのが、

  • 「九州方面、鹿児島の上辺りで
    大きな地震が発生する。
    球磨(くま)という文字が浮かぶ。」
  • 「球磨姫かな。日時は4月から6月25日の間

上記の様に発言しており、
震災は4月14日に起こり、
見事的中させました。

南海トラフについては、
2019年9月が危ない
予言しています。

麗さん
麗さん
度目の予言が当たっていて、二回目の地震の予言が外れている。
でも、1度は当たっているので油断は禁物?!

2000年にタイムトラベルしてきた未来人

2062年の未来から2000年に
タイムトラベルしてきた未来人と
名乗る人が2chに投稿。

この方は突如姿を消しましたが、
極秘で2010年にもタイムトラベルを
してきたと言っています。

その時に明かしたのが、
2019年8月に静岡県沖で地震が起きて、
これが南海トラフへと連動する
されています。

正確な日時を知らせてしまうと、
未来が変わる可能性があると
話しており、詳しい事柄は不明。

麗さん
麗さん
調べた中でも、1番信憑性がない予言人でした。

リチャード・シューンによる予言

イギリスの預言者「リチャード・シューン」さんは、
「南海トラフ地震は2020年10月に起きる」
2018年2月のネット掲示板で予言しています。

リチャード・シューンさんは10歳の時に
予言能力があると気付き、それから国の
諜報機関に所属するなど能力を十分に発揮。

麗さん
麗さん
この人の予言は外れている事もあったよ。

ロシア研究チームによる予言

ロシアで地震について研究している
チームが南海トラフについて、
予言をしています。

それは
2021年の間に和歌山県沖
南海トラフ地震が起きる」と予言。

予言というよりかは予想ですが、
津波の高さは20mを超え、沿岸部に
膨大な被害が出るとのこと。

しかも研究チームに「精霊」を受けて
未来を読み取る人物が混ざっているとのことで、
そこから得た未来の情報という事で、
一部の人々に受け入れられています。

麗さん
麗さん
結局は未来人の予言になっているので、研究は関係ないよね・・・。
これだと信憑性にかけちゃうね。

松原照子による予言

「日本人で知らない人はいない」と
言われている、有名な預言者”松原照子”さん。

▲松原照子さん

松原照子さんは不思議な力を使い、
未来の情報を読み取り、日記に記しており、
南海トラフ地震について
「2021年9月に高知県沖で起きる」
と記しているとのこと。

ですが、肝心な被害状況については
本人の体調が悪くなるようで調べられていません。

麗さん
麗さん
肝心な部分も調べてほしいよ・・・。
有名なので、信憑性はあるみたいです。
麗さん
麗さん

サーシャ・アンバーグによる予言

フランスの預言者として活躍する
「サーシャ・アンバーグ」いう女性ですが、
なんと未来の情報を
ダウンロードできる”ダウンローラー”という
能力を持っているのだそう。

サーシャ・アンバーグさんは、
「2022年から受け取る日本の情報が
非常に悲しいものばかり」だと言う。

そんな預言者が南海トラフの巨大地震は
「2022年に南海トラフが起きる」
予言しています。

麗さん
麗さん
サーシャ・アンバーグの情報について調べていましたが、何も情報が無いため「誰かが流したデマ」の可能性が高いです。

マイケル・フィリップによる予言

マイケル・フィリップさんは2043年に
生まれたとされている預言者です。

18歳で陸軍に入隊し、
タイムトラベラーの試験者として、
何度か過去にトラベルしているのだそう。

マイケル・フィリップさんは
2024年8月に南海トラフ地震が来る」と
予言しています。

麗さん
麗さん
未来人の予言って中々当たらないのが現実・・・。
元号を言った未来人も全員外れていたよね〜

2855年からタイムスリップしてきた未来人

2014年のネット掲示板に登場し、
2855年からタイムスリップしてきたと
されている未来人。

「この時代は南海トラフの話題で
持ち切りだったと歴史で習った。
結論から言えば、南海トラフ地震は
2855年の今でも発生していない」
と発言しています。

以上が預言者による物ですが、
信憑性がどれも乏しい為、
「暇つぶし程度」に閲覧する事は、
いいと思いますが、むやみに”SNS”などで誤報を
流さない様にしましょう。

予言情報2:占い

占いによって予言されている物も
数多く存在しますが、代表的なのは
イルミナティカードの占いです。

アメリカのカードゲームで、
色々な予言が書かれており、
基本的にはおもちゃですが、
予言を的中(?)しているものもあるのだそう。

トランプ大統領に似たイルミナティカード

特に有名なのは、トランプ大統領の当選。
以下のカードをみていただきたいのですが、
トランプ大統領に似たカードが出ており、
このカードが作られたのが、1994年。

▼イルミナティカード(引用:https://matome.naver.jp/odai/)

ですので、これがトランプ大統領に
似ているということと、カードに
「いい加減にしろ」と書かれており、
それがトランプ大統領が発言した事と
同じだったらしく、この噂が広まりました。

南海トラフのカードも出ている

実はこのイルミナティカードに、
南海トラフのカードもでていると
されています。

画像を見ると右下に、日本のカードが出ており、
よく見ると遺影のようになっていて、日本列島が分断されている。

引用:https://matome.naver.jp/odai/

もう一度イルミナティカードの
右下を拡大でみてみましょう。

▼右下にご注目・・・

んー・・・
なんと言っていいのか。
むりくりくっつけた感がありますので、
信憑性は薄いです。

南海トラフの前兆?!

様々な南海トラフの前兆と
されている事柄がありますが、
まとめていきます。

前兆2:メガマウスの水揚げ

引用:https://matome.naver.jp/

メガマウスは深海に住む幻の魚ですが、
地震が来る時は必ずと言っていいほど、
水揚げあれています。

実はメガマウスの頭部には、微弱な電磁波を
キャッチすることで餌の位置を把握している
「ロレンチーニ器官」という部分が存在しています。

海底プレートでは、ズレによって起こる
巨大地震の場合、地中の岩石が破壊される際に
微小な電磁波が発生します。

これを感じ取ったメガマウスが「日本近海に餌がある」
と勘違いして水揚げされてしまうという事なのだそう。

よって、もし南海トラフが起こる直前に
メガマウスが水揚げされた報告が出れば、
巨大地震の予兆かもしれません。

前兆2:地震雲

「地震雲」と勝手に付けられている
のですが、正確には殆どが巻雲であると
Wikipediaでも記されています。

地震雲(じしんぐも、じしんうん)とは地震の前後に特殊な形状の雲が観測される、と言われているものである。ただそのような雲と地震の発生の関連は地球科学や気象学、そして一般的な科学としてほとんど認められていない。

引用:Wikipedia

ネットで”地震雲”と呼ばれている殆どは、
巻積雲高積雲または層雲と呼ばれています。

インターネットを通じて多くの人から
「地震雲」と名付けられていますが、
気象学で説明のつく雲は論外は別として、
「これは地震の前兆としかいいようがない」と
いうもの自体が特定されていない状態で、
個人レベルの研究でとどまっています。

とはいえ、地震学、地質の専門家ですら、
その他の方法を持ってしても地震を
予知することは困難なもの。

「地震雲は信憑性はない」とも
言い切れないのが現状かと思います。

地球の大きな変化により、電磁波が雲を
発生させるというように地殻が地面の下で
働き衝突する。

その事により電磁波が発生し、
今まで見たことのないような雲が空に
起こるということもありえない話では
無いことかもしれません。

巨大地震の前兆の地震雲の写真

こうした色々な噂がある地震雲ですが、
唯一「これは地震雲だ!」と呼ばれている
地震雲が存在します。

それは地上からまっすぐ上に煙のように
立ち上る不思議な雲が存在するのだという。

それが間違いなく地震雲と
言われています。

▼唯一の地震雲とされる狼煙のような雲

引用:https://blog.goo.ne.jp/atm0918/e/96723cd6127fcc1abaa037995db4a180

これは1995年に発生した阪神・淡路大震災の
数日前、神戸で撮影された雲と同じ様な形を
されていて、地震雲と言われています。

▼阪神・淡路大震災の8日前に撮影された雲

引用:http://mikurus.com/blog/2017/03/13/01-74/

その一方で、気象学の専門家の人たちは、
「この雲はいわゆる漏斗雲である」と説明しています。

竜巻に伴って発生する細長い雲。
竜巻の渦の中心線に沿って親雲
(竜巻の母体となる積乱雲や積雲)の
雲底から地上に向かって伸びる。

引用:Wikipedia

色々な地震雲の正体は・・・

前述させていただきましたように、
不思議な雲が色々あるのですが、
その殆どが気象学によって説明できるものであり、
地震雲と断定できるものはありません。

素人から見ると「珍しい雲」も、
気象学の専門家によれば、それは
「一般的な雲」で終わってしまい、
説明のつかない雲はほぼゼロ
等しいとされています。

 

【随時更新】最新情報

ここでは随時南海トラフに関する
最新情報を記載していきます。

冒頭で記述した5月10日に起きた
宮崎県での地震ですが、気象庁では
以下の様に説明しています。

(5月13日)開催した第19回南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会、第397回地震防災対策強化地域判定会で評価した、南海トラフ周辺の地殻活動の調査結果は以下のとおりです。

現在のところ、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時(注)と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。

引用:気象庁

気象庁では、南海トラフ沿いで
マグニチュード6,8以上の地震発生や、
プレート境界で異常な地殻変動が推測された場合、
「臨時情報」を発表して次の巨大地震との関連を
「評価検討会」で調査する事になっています。

▼南海トラフが発生時の判定の仕方(引用:https://www.fnn.jp/posts/00046436HDK)

また評価検討会で出される判定結果で、
最初の地震がマグニチュード8以上で
想定震源域の半分程度を破壊した「半割れケース」に
該当するとした場合、政府防災ガイドラインに、
以下の文章が書いてあります。

「被害がなかった地域でも、次の地震による
津波から避難が間に合わない「事前避難対象地域」の
住民において大津波警報や津波警報が解除されても、
自宅に戻らず1週間、避難を継続するなどの
警戒対応をする事とされています。

▼以下、マグニチュードの「半割れ」の図解(引用:https://www.fnn.jp/posts/00399330HDK)

随時最新情報を記述していきますので、
よければブックマークしておいてくださいね。

オススメ防災対策アイテム

防災グッズは色々な種類があり、
どれを選べばいいか、わかりませんよね。

せめて必要最低限は用意を
しておいた方が身の為になりますので、
「万が一」の備えはしっかりと
しておいた方がいいです。

ここでは本当に
「”最低限”これはあった方が便利だよ!」
というものをご紹介していきます。

家族なのか1人用なのかを決める

「1人であれば、多めに用意をしておこう」と
いう考え方はできますが、
家族に対して1人用は問題だらけ
なりますので、
そこはきちんと「何人分いるのか」を
きちんと把握しておきましょう。

また目が悪い人であれば、
メガネなのかコンタクトなのかも
重要ですし、定期的に薬を
服用しているのであればその準備も必要です。

何を買ったらいいの?

防災グッズという物は、
「これ必要ですよ!」と売り文句は
絶対につけてきますが、むやみやたらと
購入してしまって、増えすぎてしまっても
返って整理するのが面倒になり、
放置しぎみになります。

ですので、
「本当に必要な最低限のもの」をご紹介。

取り敢えず「これでOK!」な防災グッズ

取り敢えずは1つづつ揃えるよりも、
一式揃っているものを選びましょう。

あまりこういう事に慣れていない方でしたら、
1つ1つ揃えていくには時間がかかりますし、
結局「あれ?どこまで集めたっけ?」と
なってしまいがちです。

ですので一式セット購入がおすすめ!
以下の防災グッズは”防災士”もおすすめしている物
ですので、信頼感は◎です。

1:一番オススメ!の防災グッズ

▼ディフェンドフューチャーという所が
発売している防災グッズ一式。


防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】

ファッション雑誌や新聞の広告にも
掲載されていますので、信頼性が高く、
あまりの人気にすぐに売り切れに
なってしまうほどなのだそう。

1人用しかないのですが、
複数同時購入で値引きがあるのが嬉しい。

1人用のみ:13,800円【税込】

2:3WEY式のバッグで持ち運びに疲れない!防災グッズ

ものすごい防災セットは、
一式セット商品の中でも1番人気の商品です。


≪防災安全協会認定 3WAYキャリーリュック採用≫ ものずごい防災セットシリーズ

ただしデメリットは少し他の
商品よりも値が張る事で、
それさえ我慢できれば、文句なしです。

  • 1人用:19,980円【税込】

【2019年最新版】南海トラフはいつ?
被害想定・未来人予言のまとめ

この記事でわかったこと

  • 静岡から宮崎県にかけての一部地域では震度7
  • 南海トラフの被害は約32万3000人
  • 被害総額1410兆円
  • デマ情報がSNSで拡散されやすいので注意
  • だが、メガマウスが水揚げされた時は地震の前兆の可能性が大きい
  • 最新情報は必ずチェックすること

いつくるかわからない
巨大地震「南海トラフ」ですが、
予兆や予言などは噂にすぎない為、
これは暇つぶし程度にとどめておき、
実際に根拠のあるネタを元に
信じてくださいね。

また当ブログもデマ情報などが
拡散されていたり、信憑性が高いものを
きちんと記して記述していきます。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です