Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【美容院での会話がめんどくさい!苦手、嫌い…】現役美容師で自ら実践して1番いい対処法を教えます!

この記事は約 3 分で読めます。

髪が伸びてきた、
そろそろ美容院行こうかな。

でも美容師さんとの会話が苦手だし、
正直言って面倒くさい…

そんな事を
思ったことはありませんか。

筆者はあります

基本喋るのが苦手でしたので、
美容院に行く際は苦痛でした。

どうでもいい話から入って
盛り上がらずに終わる…。

話を広げてくれない。

『なんで喋ってきたんだよ!』
って思っちゃいますよね。

ここでは、
現役美容師の筆者が
美容師目線
お客様として美容院に
行った時に使った方法

(美容師である事は伏せてます)を
記述していますので、
是非最後まで読んでください。

絶対に話してこなくなる方法を教えます!

美容院での会話が苦手、嫌いな理由

そもそも美容院で会話が苦手、
嫌いとされる理由もいっぱいあります。

  • 会話したい気分ではない
  • 疲れているから寝たい
  • そもそもめんどくさい
  • 雑誌を読みたい
  • 必要以上に話しかけてくる
  • 盛り上がらない話を延々とされる
  • 途中で会話が途切れてシーンとなる空気が嫌

などなど。

確かに美容師って
凄く喋りかけてきますよね。

時には盛り上がったりするんだけど、
大抵は内容の薄い会話が多い…。

美容師が会話してくる理由

美容師側からしたら

  • 印象を与えたい
  • 普段の生活を聞いて似合う髪型を提案したい
  • 楽しく過ごして欲しい

とかですかね。

ですけど思いませんか?

これって全て
美容師のエゴ

なんですよね。

印象を与えたい、
提案したい、
楽しく過ごして欲しい(思い)…。

第三者からすると
間違いなく美容師さん側の
気持ちの問題で
お客さんの思いは
無視してると思いませんか?

何故こんな会話をしてくるのか

答えは簡単です。

先代美容師に
会話は基本
と教えこまれるから。

もうこれにつきます。

要するに会話出来て当たり前、
雑誌を読ませるな。
なんて事を教えこまれるわけです。

特に大手美容室は
この考え方の人は
多いと思います。

それで美容師側も
『何か喋らなきゃ!』
となって薄い会話内容に
なってしまうのです。

美容師には良くてもお客さんには苦痛!

凄く盛り上げてくれる
美容師ならいいですが、
そんな会話上手な人は
正直に言って滅多にいません。

会話上手なのって
芸能人くらいです。

一般人で会話が上手い人なんて
そうそういませんよね。

美容院で会話をしたくない人は50%にも及ぶ!

ある調査で一般人の方に
アンケートを取ったところ、
何と美容院で会話が
苦手、嫌い、めんどくさい
と思う方が約50%にも及ぶ
という結果が出ました。

その調査結果は
サイトで確認できますので
【美容師 会話 苦手 %】
と検索すればでてきますので
良かったら調べてみてください。

どこのサイトにも
この様な調査結果を報告しているのも
関わらず美容師さんが
喋り続ける信念とは一体なんなんでしょうね…。

喋りたくない時の対処法

では、
会話が嫌な人には
どういった対処法が
あるのでしょうか。

以下は筆者が試してみた
方法と結果です。

1.雑誌、携帯を読む、見る

これは効果は
薄かったですね。

雑誌を見てても
『あ、それ私も好きです~』

携帯を見てても
画面の中まで覗いてきて、
それについて話す
デリカシーがない美容師も
沢山いますので
効果は微妙ですね。

2.目を瞑る

これは担当の
美容師さんによります。

目を瞑っていても
空気感を読まず
喋りかけてくる
美容師は結構いますね。

3.持参の小説を読む

これは
小説を読んでいる人にしか
分からないですが、
小説=集中して読みたいですよね。

大抵、
自前の本を持ち込みすると
美容師は空気を読んでくれますが、
それでも
『その本読んだことありますよー』
と喋りかけられる事が
ちらほらあります。

美容師が喋って来ない方法

では、
実際にどうやれば
喋り掛けられずに
済むのでしょうか。

ここからは
美容師目線です。

1.ホットペッパービューティーを使う

ホットペッパービューティーで
予約の際に【接客のご要望
という一覧があります。

そこから
【なるべく静かに過ごしたい】
を選べば大丈夫です。

ただこれを見ていない
美容師さんが
結構多いのも事実。

そういう所は
二度と行かない方が
無難です。

こういう細かい所の要望も
聞いてくれてのプロですから。

2.新規で行く場合はカウンセリングシートに書く

初めてのお店に行く場合は
必ずカウンセリングシートを
書くと思います。

そこにご要望欄があると思うので、
【基本喋りたくない】
と書いてもらって大丈夫です。

美容師側がそれを見ても
『会話したくないんだな』
と思うだけで
【面倒くさい客だな…】
なんて一切思っていないので
安心して書いてくださいね!

これぞ究極?!クチコミ投稿をする

これはもう究極ですね。

ホットペッパービューティーの
口コミ等に直接書く方法です。

『上記の方法試したのに喋りかけられた!』

なんて方は是非、
これをしましょう。

これをすれば次回から
絶対に話しかけられません。

もし喋ってくる
美容師が居たら
問題ですね。

ただこの方法は
少し注意点があります。

1.技術が上手かった時

仕上がったスタイルは
とても気に入っているのに
会話だけ残念…。
と感じた際に、
この方法を使ってみてください。

美容師側からすると
技術が1番なので、
技術を褒められると
そのお客さんの事を
知ろうと努力してくれます。

仕上がりが
イマイチだった場合、
他の美容室か
他の担当者を探しちゃいましょう。

2.口コミ投稿時は技術を褒める→会話云々の話にする

例えば
『仕上がりは凄く満足だったのに、
会話の要望は聞いてもらなかった。
それ以外はとても満足です!』
と投稿すれば、
それを見た担当者は
カルテに必ず記入するでしょう。

そして次回から
会話の要望も
聞いてもらえるようになります。

口コミは最終手段として使おう

いかがでしたでしょうか?

  • 雑誌や携帯を見る
  • 目を瞑る
  • 持参の小説を読む
  • ネット予約の際に
    喋りたくない旨を伝える
  • カウンセリングシートに書く
  • 口コミで書く

という事を
書かせていただきました。

毎回のように美容師側に
会話を合わせていた方は
次回から悩まなくて済みます。

『あそこ技術上手かったのに、
会話だけが残念なんだよね…』
と思って諦めいた方に
とっておきの方法ではないでしょうか。

くれぐれも注意点を
忘れないようにしてくださいね。

せっかく綺麗にしてもらいに
行くのであれば、
居心地の良い所を選び、
心も綺麗にスッキリしてもらいましょう!

会話してもいいかも…

なんて思われた方は
自分から話し掛けてみて下さいね。

美容師はお客様から
喋っていただければ、
凄く気持ちが
豊かになりますので。

これを読んで
少しでもお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です