Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【2歳衰弱死】池田莉菜の生い立ちの壮絶な過去全網羅!

この記事は約 3 分で読めます。

北海道札幌市で、池田莉菜さんが
藤原一弥さんと娘(2)の詩梨ちゃんを
虐待し、衰弱死せた事件。

池田莉菜さんの生い立ちを調べていくと、
そこには壮絶な生い立ちがありました。

ツイッターやインスタグラム、Facebookなどの
SNSや2チャンネルやバクサイなどの
ネット掲示板から得た情報。

今回は

  • 【2歳衰弱死】母・池田莉菜の壮絶な生い立ち!親なしで中卒で妊娠中絶の過去

ということで記述していきます。

【池田莉菜】壮絶な生い立ち

池田莉菜さんが詩梨ちゃんを虐待させた
札幌市中央区のマンションに引っ越す前、
札幌市東区のアパートに住んでいました。

この東区にあるのが、
札幌市立明園(めいえん)中学校。

そこに池田莉菜さんは通っていたという
情報を入手しました。

明園中の今年21歳の人へ

札幌市の事件で週刊文春から連絡がくるかもしれません。

妹に連絡きました、大変困っています。

池田莉菜さんは21歳ですので、
その同級生から情報を得ようと
週刊文春から連絡がくるそうです。

壮絶な過去1:弟の受験料を払っていた

あた池田莉菜さんは弟の
高校受験料を払っていると
ツイッターで投稿していました。

https://twitter.com/rinaaoi0427/status/821218071394193408

弟の受験料の払込行ったのいいけど、名前書く所に弟の名前書かなきゃいけないのに、全然自分の名前を書いて終わっただる

引用:ツイッター

そしてこのツイートに友人と
見られる方が返信しており、
「そうちゃん高校生になるの?!」と
投稿しています。

この「そうちゃん」という方が
おそらく池田莉菜さんの弟。

2017年1月に高校受験料を払うと
いうことは、2018年4月から高校生で
2019年時点で高校2年生ということになります。

この時、池田莉菜さんは
当時19歳の年齢です。

壮絶な過去2:高校行けなかった過去

弟の高校受験料を払い、
弟思いの池田莉菜さんですが、
本人は高校には行かず、
妊娠と中絶をしていたという噂が
ツイッターで流れていました。

確か高校行ってないし、その頃中絶したって噂あったな。

引用:ツイッター

「とんでもないヤンキー」
「なぜ親がことりちゃんの面倒を
一緒に見てくれないのか?」という声が
当初から上がっていましたが、
「親がいなかったでのはないか?」と
考えます。

その親がいなかったことを
裏付けることがありました。

壮絶な過去3:親がいなかった人生

札幌児童相談所が1番最初に
池田莉菜さんの通報を受けたのは、
2018年9月28日。

池田莉菜さんは当時まだ、
札幌市東区のアパートに住んでいました。

中央区の高級マンションに引っ越してから、
一度も会えていなかった札幌児童相談所が
炎上しているのは報道されている通りです。

札幌児童相談所が会見で言い訳をする
様子がテレビで報道されていましたが、
最初の記者会見で
祖母がきているから大丈夫だと思った
というようなことを所長が言っていました。

また池田莉菜さんの母親に対する情報は、
本人のツイート文や他を捜しても
どこにもありません。

高校に行っていたという
情報もなく、母親に関する情報もない。
あるのは弟の情報にみ。

以上のことから、
池田莉菜さんには親が居ないのではないか
という考えに至りました。

親に愛された経験がなく、
10代という若さで妊娠中絶を経験したと
噂される池田莉菜さんが今回の様な
事件を起こしてしまったのが本当に残念です。

【池田莉菜】性格はどうなのか

親がいなく、高校に行けず、
その上10代の若さで妊娠中絶を経験した
池田莉菜さんですが、ツイッターをみてみると、
性格や欲求についてよく分かることがあります。

以下は池田莉菜さんが、
ツイッターで投稿していた文章です。

  • 長時間の出産の上、かわいい娘、詩梨(ことり)が生まれた
  • ことりちゃん大好き。成長していつかいなくなるなんて・・・・。
  • くびが座った−

ことりちゃんの首が座ったことを
喜んでいた投稿で生まれてから
3ヶ月〜4ヶ月までは、娘の成長に
一喜一憂する優しいお母さん。

その時もことりちゃんを画像つきで
ツイートをしていました。

しかし娘さんに関するツイートは
ここで途切れてしまいます。

以降からは自分の私利私欲な
ツイートばかりの投稿。

  • 猫を買い出し板。私を大好きでいてくれる、
    癒やしてくれる、迎えてくれる
  • 「誕生日、みんなありがとう!」私は愛されてて幸せ者だよ。
  • 男を取られたと取った女を汚い言葉でののしる。

上記の様な言葉を投稿し、
かわいい私を見て!」
「私を構って!」と感じさせる様な
承認欲求の塊との言える
池田莉菜さんの投稿。

母であることを4ヶ月で放棄し
当時20歳にも満たない池田莉菜さん。

愛された経験がない池田莉菜さんは、
中学時代に中絶し、高校に行けず、
働けるのは夜の街しかなかった。

弟を養いながらも夜の街で働き、
そして再度妊娠してしまったでしょう。

ツイッターでは夜の街にリムジンで
池田莉菜さんが映っている画像が
投稿されていました。

出典;ツイッター

【2歳衰弱死】池田莉菜の生い立ちは壮絶な過去のまとめ

この記事でわかったこと

  • 池田莉菜さんは弟の高校受験料を払っていた
  • 児童相談所の会見で「祖母」という言葉が発せられており、
    池田莉菜さんには親がいなかった可能性
  • 自身は高校に行かず、妊娠中絶を経験する
  • 夜の街で働いている時に再度妊娠
  • 最初は可愛がっているツイートを投稿していたが、
    3〜4ヶ月目あたりから私利私欲のツイートで、
    ここから育児放棄
  • 終始「自分をみてほしい」と読み取れる
    画像を連投している為、この時すでに池田莉菜さんの
    心には娘の姿はなかった

今回の事件で悲しい尊い命が
奪われてしまいました。

この様なことは決してあっては
いけないもので、この事件を
防ぐことはできなかったのでしょうか。

そして池田莉菜さんに児童相談所が
したことが本当に適切だったのか。

2度とこの様な事件を起こさない為にも、
各児童相談所で対策が必要では
ないかと思います。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です