Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【マルチ商法勧誘】詐欺に合う人の特徴や対策と上手な断り方5選!

この記事は約 4 分で読めます。

「必ず儲かる」そんな話を広告などで見た、
もしくは聞いた事が1度はあると思います。

そんな上手い話があるわけがない。
働いている大人であれば、誰もが
そう感じている一方で、学生は
これに騙される方も多いとの事。

ですが、これが実際にあり
筆者も被害者の1人です。

1度勧誘されれば、
「どう断ればいいかわからない」
と結局消費者金融で契約し
契約したにも関わらず、その後
音信不通になり騙された。

という事案が発生しているのも事実です。

そこで今回は筆者の経験と共に

  • 騙されないようにする為の対策
  • 上手な断り方7選

に注目していきたいと思います。

悪徳な手口が多いマルチ商法

2019年5月11日、朝日新聞がマルチ商法で
騙された人は20代が多い事を報じました。

必ずもうかる」という言葉につられ、逆にお金をだまし取られた――。そんなマルチ商法(連鎖販売取引)に関する20代の相談が突出している。2022年には成人年齢が18歳になり、借り入れ契約などを自由に結べる人が増える。被害の拡大を危ぶむ声もある。

近年は大学内で勧誘されるケースも相次いでいる。埼玉県内の男子大学生は20歳になったばかりの17年夏、友人から「いいバイトがある」と言われ、30歳代の男を紹介された。

バイトは中国の通販サイトの商品を国内で転売する内容。ノウハウ取得のため男の会社と50万円でコンサル契約を結ばなくてはならないが、会社に知人を紹介して新たなコンサル契約が結ばれれば10万円が支払われる、という内容だった。

大学生は「50万円もの金はない」と断ったが、男は「500万円した」という腕時計を見せながら「必ずもうかる」と熱弁を振るった。結局、大学生は消費者金融でお金を借りて契約。しかし、その2日後、男とは連絡が取れなくなった。

勧誘された人が新たな買い手を誘い込むことでマージンが稼げるマルチ商法。それに関する相談が国民生活センターに例年、全国で1万件前後ある。18年度は9759件で、年代別の最多は4割を占める20代だ。

消費者問題に詳しい貞松宏輔弁護士(埼玉弁護士会)は「悪徳業者は成人になったばかりの人たちを積極的にターゲットにしている」と指摘する。社会経験や知識が乏しい一方、借り入れやローン契約で使えるお金が一気に増え、親の同意なしで契約ができるようになることが影響しているという。22年4月の改正民法施行で成人年齢が18歳になれば被害はさらに拡大するおそれがある。

被害に遭った場合などは、消費者ホットラインの「188」や埼玉弁護士会の法律相談センター(048―710―5666)が相談に応じる。

ただ「被害金を取り戻すのは簡単ではない」と貞松弁護士。裁判で勝訴しても相手側に支払い能力がないなど回収できないケースも多く「とにかく相手側にお金を支払う前によく考え、周囲の人に相談することが重要です」と話している。(釆沢嘉高)

出典:Yahooニュース

マルチ商法は悪徳な手口が多いことで
知られていますが、その主な手口なSNSで
「儲かる」というワードで人の欲を釣り、
集客する事が多いです。

  • LINE
  • Facebook
  • Twiter
  • GoogleやYahooなどで
    掲載されているブログ

が主な集客方法となっています。

そこで「儲けたい」「お金が欲しい」
「生活を楽にしたい」などのキーワードを
上手に使い、人の心につけ込み、
コンサルティング代などと称して
金銭の要求をしてきます。

その額がまちまちで、

  • 数万〜数十万

の要求が多い。
社会人である方なら工面するのも、
大丈夫かと思いますが学生には
そんな大金を用意できるのはごく僅か。

しかし実際は学生を対象に
行っている悪徳な人が多いと言います。

詐欺に合う人の特徴と対策

学生が狙われやすいマルチ商法。
悪徳業者に騙されやすい人は
どういった人たちなのでしょうか。

またその為の対策に何があるのでしょうか?

まず最初に騙されやすい人の
特徴をお伝えさせていただきます。

ただし「特徴」ですので、
必ずしもこれに当てはまる事では
ありませんので、常に危機感をもっって
行動する事が大切です。

では早速見ていきましょう。

特徴その1:消極的

筆者も昔は消極的で
被害にあったときも
半場無理やりに契約をさせられ、
被害に合いました。

最も騙されやすい人は「消極的」な人で、
この様な人たちは「うまく断れなく、
しぶしぶ契約金を払ってしまった」
という方が多いと思います。

ただ一見からして「断れない人」だと
言うのはわかりません。

そんな人達を相手はどうやって
見抜いているのでしょうか。

それは直接会い、その中で会話をしながら
相手の動向を観察しています。

その中で返事の仕方が、

  • 一言で終わる
  • キャッチボールができない

などの事をしっかりと見抜き、
勧誘してきます。

口が達者な人にやっかいな事を
言われると業者も溜まったものでは
ないですからね。

対策

この様な方は「断る勇気」を
持つ事が大切です。

上からガツガツとこられ、
結局お金を払ってしまった
というケースが多いので、
まずは断る勇気をつける事が
先決です。

2:お金に困っている旨を言っている

今や自由に自分の思った事を
発信できるSNSですが、その発信が
仇となり業者に勧誘される事も多いです。

相手はSNS集客のプロです。
この言葉を発信している人を
簡単にみつけて「儲かる」をいう
キーワードで相手に詰め寄ってきます。

対策

SNSでは自由に発信できますが、
「お金が欲しい」という風に
お金に関わる言葉は謹んだ方がいいでしょう。

業者の的になる事は確実ですから。

 

以上が騙されやすい人の特徴ですが、
次にマルチ商法に勧誘してくる人は
一体どのような人たちなのでしょうか?

マルチ商法を勧誘する人の特徴

上記ではマルチ商法に
騙されやすい人の特徴を
記述させていただきました。

2人で会おうとしてくる

実際に筆者も「儲けれる」のキーワードで
目が眩みマルチ商法詐欺に引っかかり、
借金50万をしてしまった事を
お伝えさせていただきましたが、
当時も「2人きりで会いましょう。」
とホテルのラウンジで待ち合わせし、
ビジネスの話をされ契約をさせられました。

やたらとブランド物を身に着けている

「自分はこのビジネスで稼いで買った」
と言わんばかりに、身にまとっているのは、
ブランド物が多い傾向にあります。

勿論善良な人でもブランド物が大好きで、
身にまとっている人もいますが、
怪しいのは「ブランド物を身にまとっていて、
やたらとお金の写真をアップしたり、
旅行関連の発信をしている」人は
気をつけた方がいいですね。

「誰でも」「簡単に」「短時間で」などの言葉を使う

SNS、公式LINEなどで
「簡単!」「スマホ一台で!」
「わずか1日1時間で月収30万!」など
そんな謳い文句のように発信している人や
業者は要注意です。

まず普通に考えて
ネットビジネスは簡単ではないですし、
スマホ1台で稼げるのは確かですが、
素人では雀の涙程度です。

また1時間で月収30万円は、
最初は絶対不可能です。

そんな事を言っている人は
気をつけましょう。

将来の事について煽ってくる

これは善良なネットビジネスの方も
発信しているので、見分けが難しいですが
「将来に不安はないですか?」
「今のままで満足ですか?」
など言っているケースが多く存在します。

この様な方が先に不安を煽ってきた場合は、
すぐにマルチ商法に持ち込もうとします。

上手な断り方は?

さてここまで

  • 騙されやすい人の特徴
  • 勧誘する人の特徴

を紹介させていただきましたが、
上手な断り方はないのでしょうか。

それは勿論ありますので、
記述させていただきます。

SNSで勧誘されたら・・・

SNSでの勧誘が多いとされますが、
もしSNSこちらから行動を移してもないにも
関わらず、相手から勧誘してきたら
少し違和感を感じた方がいいでしょう。

反論しにくい事をいう

これ以上誘いにこない事が必須ですよね。
「〜日まで考えます」などを
言ったとします。

すると相手は「今がチャンスなんです。」
みたいな事を言ってくると思います。

そこで受け流して「考えてから返答します」
と会話をシャットダウンしましょう。

消極的な人の断り方

消極的な人はそもそも
勧誘されたら中々断われないですよね。

挙げ句の果てに何やかんや言いくるめてきて、
契約するように施してきます。
しかも上から物を言われると、
尚更断りづらくなります。

そんな人には、
「これ以上何も言ってこない」
事を言うのが理想的。

その言葉は「元々借金をしていて消費者金融にも
借りているからすでにお金がない」です。

これを言えば一発で相手は撃沈しますので、
是非使ってみてください。

警察関連の用語を匂わす

これは相手がしつこい時に効果的です。

「父が警察管をしていますので、
一度相談してから決めます。」などの
言葉を発しましょう。

同じような事で、
弁護士というのも中々に
使えますので、是非実践してみてください。

相手が善良な場合は、
そのような言葉でも
冷静に対応してくれます。

消費者センターに相談する

「ちょっと考えます」などの言葉で
濁して、その場をしのぎ消費者センターに
相談しましょう。

消費者センターでは、こういった相談の
問い合わせが多く、良いアドバイスを
してくれると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です